産業廃棄物辞典 耐摩耗、破砕機刃物、減容機、RPFなどをご紹介

TOP > 耐摩耗性に優れている超硬

耐摩耗性に優れている超硬

超硬を道具として加工して使用すると、耐摩耗性に優れていますので使いやすく、長持ちしてくれます。しかし、すぐに摩耗してしまう様な物であれば、傷みやすく道具としては役に立たないでしょう。

耐摩耗性というのは素晴らしい事です。切削工具として加工された時には、その特性が最大限に活かされます。ドリルとして加工され、使われる事はもちろん、旋盤やフライスとしても使われています。

精度が求められる場面においては、必要とされている事が多い様ですね。

国内においてはもちろん、海外においてもいろんな所で利用されています。超硬は、これからも私達の工業の発展に多いに貢献してくれる事でしょう。

コバルトとタングステンカーバイドを元に成っている超硬

コバルトとタングステンカーバイドを元に成っている超硬は金属です。しかし、高温で熱した時にも、変形が少ないので金型としても活躍しています。

細かく精密な物を作り出すためには、金型が何よりも肝心です。安定した品質で生産する事ができなければ、製品として成り立たない事もあるでしょう。この超硬というのは、他の金属では代用する事ができない事もあります。丈夫で安定しているので、一部の分野においては欠かす事ができないほど、非常にニーズが高い状況となっている様です。

融点が高いなどという事から扱いにくい点もありますが、使いこなす事ができれば、非常に便利な物質と言えるのではないでしょうか。

携帯電話に使われる超硬

暮らしの中で欠かす事ができない、という人もいるほど生活の一部となってしまっている携帯電話ですが、その構造は実に複雑な造りとなっています。

最近、特に利用者が多いスマートフォンでは特に機能は非常に高度であり、驚く様な素晴らしいテクノロジーが小さな箱の中に入っています。内部を見てみると、いろんな物質が使われていますが、その中の一部に超硬という合金の一部が使用されています。

超硬は、他にもロールペンのペン先のボールとしても大活躍しています。とても身近な所にあるのに、意外にも知られていない事が多い様ですね。

ダイアモンドの次に硬く、製品の他にも、工具などに使われる事が多い様ですね。

超硬の原料となるタングステン

タングステンというのは、超硬の原料になっています。
また、超硬としてだけではなく、タングステンのままで製品に加工される事もあります。

私達がよく使用する物としては、電球の中のフィラメントに使用されています。そして、アクセサリーとしても使われる事があります。このタングステンは世界のあらゆる場所で採取されています。その中でも中国に埋蔵されている分量というのは多い様です。

その他にも、ヨーロッパやアメリカ、または南米などでも採取されます。しかし、残念ながら日本国内では採取する事ができずに、すべて輸入をしてまかなっているそうです。

タングステンを使用した製品や工具はたくさん国内でも使われています。

超硬というのは

金属というのは鉄や銅など一種類だけで使われる事も多いでしょう。しかし、時には混ぜて使われる事もあります。混ぜて使われる場合には、合金と呼ばれます。

金属には融点があり、非常に熱い温度で温めると溶けます。熱するとドロドロした状態になります。その状態であれば、自由に混ぜる事ができます。そして、そのまま温度が下がり常温になると、固まりになった合金の完成です。

合金がドロドロした状態の時に、型に流し込んだりして思い通りの形に仕上げる事ができます。しかし、超硬というのは、使用する金属の融点があまりにも高いので、技術的に溶かす事が難しい様です。そこで、超硬においては、溶かすのではなくて粉末が利用されています。

メニュー

産業廃棄物辞典HOME スクラバー 臭気はスクラバー 酸性土壌の緑化 酸性土壌 地球環境 破砕機刃物 減容機

酸性土壌の緑化、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

酸性土壌の緑化、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ