産業廃棄物辞典 耐摩耗、破砕機刃物、減容機、RPFなどをご紹介

TOP > 得意とする臭気が異なるスクラバー

  1. 得意とする臭気が異なるスクラバー
  2. 幅広い臭気に対応できるスクラバー
  3. 性能を重視したいスクラバー
  4. 高濃度の臭気に対応したスクラバー
  5. サイズの確認が重要なスクラバー
  6. スクラバーって大体納期はどれくらいなの?
  7. スクラバーを購入する際にはしっかり注文書を発行しよう

得意とする臭気が異なるスクラバー

臭気にはいろんな種類があります。化学工場で出される臭気と飲食店で出される臭気というのは、臭いはもちろんですが、成分なども違います。また、スクラバーも、オールマイティーにどんな臭気にも対応できるという分けではなくて、スクラバーによって得意とする臭気は異なります

スクラバーを設置するのであれば、自社が排気する臭気の種類にスクラバーが合っているかどうかという事を考える必要があります。得意とする臭気が異なるスクラバーは、導入時に注意が必要です。もし、分からない場合には、メーカーに問い合わせを行っておくといいでしょう。適している物を選ぶ事が、臭気を解決するためには大事です。

幅広い臭気に対応できるスクラバー

どんなに優れているスクラバーであったとしても、たった一種類の臭気にだけ対応したスクラバーであれば、十分とは言えない事もあります。そして、一種類の臭気だけに対応したスクラバーは、導入する企業も限られてしまいます。

そのため、幅広い臭気に対応できるスクラバーが必要とされています。幅広い臭気に対応できるスクラバーの開発というのは、非常に難しくハードルが高い事ですが、大事な事です。

どんな臭気にでもオールマイティーに対応できるというのは、容易な事ではありませんが、これから開発がさらに行われる様になると、可能となるかもしれません。時間が経つと研究開発はかなり進む事もあるでしょう。

性能を重視したいスクラバー

どの様な点に注意しながらスクラバーを選ぶといいでしょうか。スクラバーの導入が決まっている場合には性能を重視するという人もいます。スクラバーを導入しても、性能によっては使い勝手や必要となるコストは違ってきます。

そのため、導入に多少の費用がかかったとしても、できるだけ高性能なスクラバーを求める人もいます。そうする事によって、後でスクラバーが使いやすく感じられたり、もしくはコストをあまりかける事なく、稼働させる事ができる場合もあります。性能については、細かい点に至るまで、しっかりと確認しておく事が大切です。導入前にしっかりと性能を把握しておく事によって、無事に使用できます。

高濃度の臭気に対応したスクラバー

どうしても高濃度の臭気というのは、周囲の環境への影響も少なくないと考えられます。取り分けて、有害物質を含む場合には、非常に大きな問題へと発展する事も予想されますので、スクラバーの設置を行う事が大事となります。

高濃度の臭気に対応できるスクラバーであれば、稼働させるだけで、問題を未然に防ぐ事ができます。スクラバーはなくてはならない大事な物となっています。スクラバーを配置するスペースや大きさを考慮すると設置できないという場合には、特注品を注文する事ができる様です。自社に設置する事ができるスクラバーを手に入れる事ができます。高濃度の臭気に関しては早期に解決する事が求められます。

サイズの確認が重要なスクラバー

非常に優れた機械であるスクラバーは、どこにでも置く事ができるコンパクトな物ではなくて、やはり大きな物です。ですので、スクラバーを設置するためにも、サイズの確認を欠かす事はできません。

スクラバーの中でも大きな物を設置する場合には、特に仕事がしやすい場所に配置できているかどうかという事をよく考えないといけません。新しく工場を設立する際には、最初からスクラバーをどこに配置するのかという事を考えて、計画しておく必要があるでしょう。あらかじめ導入予定のスクラバーのサイズや配置場所を考えておくと、後になって困る事はないでしょう。そして、仕事がしやすい環境を整える様にしましょう。

スクラバーって大体納期はどれくらいなの?

製造用のスクラバーの納期というのは大体どれくらいなのでしょうか?業者さんや、その業者さんの受注状況によっても変わってくると思うのですが大体何日くらいかかるのか知っておいても損はないですよね。多くの業者さんでは製造用のスクラバーは在庫として持っておいているようなものではありません。

基本は受注生産品になります。つまり発注を受けてから製造を始めるということになります。ですので、ほとんどのところで1か月から1.5か月のリードタイムを出しています。少なくとも注文を出して翌日に出荷してもらえるような機械ではありませんので必要な場合には十分な納期をとって手配しましょう。

スクラバーを購入する際にはしっかり注文書を発行しよう

自分たちで製造していない場合には製造用のスクラバーは下請け会社などに発注することになると思うのですが、その際に注意しなければならないのがしっかり注文書を発行するということです。

今まで付き合いがある業者さんであれば別に注文書を発行しなくても、すぐに製造してくれ納品まで済ませてしまうような所もあるかもしれませんがこういった行為は下請け法という法律に引っかかることになります。製造用のスクラバーは高額であり、また会社によって特別に着けてもらっている設備などもあるかもしれませんのでそういった所もしっかりサポートできるように、正しい順序で発注するようにしましょう。

スクラバーの関連記事

メニュー

産業廃棄物辞典HOME スクラバー スクラバー臭気 スクラバー集塵 スクラバー排ガス スクラバー排気ガス 酸性土壌の緑化 酸性土壌 地球環境 破砕機刃物 減容機

酸性土壌の緑化、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

酸性土壌の緑化、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ