産業廃棄物辞典 耐摩耗、破砕機刃物、減容機、RPFなどをご紹介

TOP > スクラバー > スクラバーを正式に発注する前に

  1. スクラバーを正式に発注する前に
  2. スクラバーの設置における取り組み
  3. 多くの製品が存在するスクラバー
  4. メンテナンスが簡単なスクラバー
  5. スクラバーは屋上の設置場所が大事

スクラバーを正式に発注する前に

スクラバーを頼む時の流れは、業者さんに問い合わせフォームから、問い合わせをして、見積もりを作ってもらいます。この見積もり作成の前には電話やメールなどでやり取りをするよりも実際に会って話した方がいいです。その際にはどこに設置予定なのかも見てもらうといいでしょう。

機械を製造してもらったのはいいですが、サイズが合わなくて置けないってなってしまってもお互いに困ってしまいます。また電源が必要なタイプですと、設置予定の場所から電源まで届くような長さのコンセントにしてもらう必要があったりと、実際に見て確認してもらわないとわからないことが結構多いのです。

スクラバーの設置における取り組み

化学分野での実験や分析、また工場での製造過程などにおいては、濃度の高い酸やアルカリなどが有害物質として含まれた排気ガスが大量に発生することもあります。

環境問題への対策を図るために取り入れられているスクラバーは、排気ガスを集め、水や薬剤で洗浄された後、綺麗な空気として大気中へ放出するという仕組みが備えられた装置です。

小型のものや持ち運びができるもの、コスト削減や省エネが目指されたものなど、あらゆる製品が存在しています。使用環境や用途に合わせた使い分けがなされていることで、より大きな効果が発揮されます。

多くの製品が存在するスクラバー

化学分野での実験や分析、工場での製造過程においては、高濃度の酸やアルカリが含まれる有害ガスが発生してしまうことも多いものです。近年、世界中で強く懸念されている環境問題への対策を行うために、スクラバーが幅広く取り入れられています。

水洗浄や薬液中和吸収などが可能という特長が挙げられて、汚染された空気がキレイな状態となります。設置環境や使用目的に合わせた使い分けが可能とされており、製品による特徴点も様々な事柄が挙げられます。排気量に合わせた小型のタイプや、コスト削減への取り組みに対する省エネの物などが活用されています。

メンテナンスが簡単なスクラバー

スクラバーが素晴らしい装置であっても、メンテナンスをしにくい場合には取り扱いに困ってしまうでしょう。

以前に比べて、どんどん技術が発達していることがあげられますが、同時にメンテナンスがおこないやすいように、改良を加えられていることあげられます。メンテナンスや取り扱いが簡単であれば、工場などの多くの人が働いている場所であっても、導入しやすい点があげられるでしょう。

スクラバーの使用用途やこのような特徴に注目し、リサーチをおこなったあとで購入することをおすすめします。導入することで企業のイメージを向上させることにも役立つでしょう。

スクラバーは屋上の設置場所が大事

ある程度屋上のスペースを確保しにと、スクラバーを配置できるところがありません。

配置できる状況をしっかり作っておかないと、スクラバーの機能はもたせられないのです。空気を浄化するために必要な装置は、屋上に配置しています。ある程度大きなスペースが確保できないと、正常化できないので利用できないのです。

設置する場合は、少しでもスペースを確保するようにして、問題なく設置できる状況を作ってください。設置できる面積が足りない場合は、当初予定していたものよりも小さいものに変更する場合があります。後は設置できるかどうかを見ます。

スクラバーの関連記事

メニュー

産業廃棄物辞典HOME スクラバー スクラバー臭気 スクラバー集塵 スクラバー排ガス スクラバー排気ガス 酸性土壌の緑化 酸性土壌 地球環境 破砕機刃物 減容機

酸性土壌の緑化、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

酸性土壌の緑化、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ