産業廃棄物辞典 耐摩耗、破砕機刃物、減容機、RPFなどをご紹介

TOP > 酸性土壌の緑化 > 酸性土壌 > 酸性土壌の緑化にかかる費用と労力

酸性土壌の緑化にかかる費用と労力

酸性土壌の緑化に2つの課題があると思います。まずは、費用です。アルカリ性の石灰を撒くなどの対策をとれば改善できますが、これが広範囲にわたる場合小型ヘリコプターなどを使わなければならず、かなりの費用がかかると思います。

そして、労力です。緑化には種まきが必要で、そのあとも水を与えるなどの労力が必要になって来ます。これもまた、広範囲に渡ればわたるほどかかる労力は大きくなっていきます。つまり、酸性土壌の緑化にかかる費用と労力に見合うだけの効果を得ることができるかどうかを判断し、実施するかどうか、また、どんな手段を取るかを考えないといけないと思いました。

一人でもできる酸性土壌の緑化

近年、地球温暖化が騒がれていますが、「緑が少なくなった」というのもその原因の1つです。

「植物を植えたらいいではないか」というと、そう単純ではありません。工業の発達により、酸性雨が降り注ぎ、土壌が汚染されてしまっているのです。この酸性土壌の緑化が、鍵となります。

土壌の緑化というと、国レベルで動かなくてはいけないのではないかと思われるかもしれませんが、個人でもできることもたくさんあります。ホームセンターでは、酸性土壌に対するグッズが安価に販売されています。近くの山や林、または自宅の花壇でも構いません。「最近、はだかの土が丸見えだな」と思ったところに少し手を差し伸べてあげてください。

酸性土壌の緑化の取り組みに参加

酸性土壌の緑化の取り組みに参加する事は、日本の環境を守ることになりますので、有意義なことと言っていいでしょう。日本の土壌の多くは酸性雨などの影響で、酸性の強い土壌になってしまっているのが現状です。

そのまま土地を放置してしまうと、植物がまったく育たない土壌に変わってしまいますので、早めに土壌を改良することが大事です。

土壌を改良するにはさまざまな方法がありますが、細かな対応が必要になります。

酸性土壌の緑化の取り組みについては、個人のガーデニングレベルでもおこなえますので、できるところからはじめていくようにしましょう。

うまく植物が育たないなら酸性土壌の緑化

家でガーデニングをしていると悩みとしてはきちんと育てたい植物を育てることができないということがあります。そういったときには肥料などについても調べてみる価値がありますが、まずは土壌について調べてみましょう。

植物にはこういった土壌の方が育ちやすいという環境があります。アルカリ性の土壌でしか育つことができないような植物を育てているのに、土壌が酸性だと当然育つことができません。もしそういったことがわかれば土壌をアルカリ性気味にしてみたり、できるだけ酸性を減らしてみたりということができます。酸性土壌の緑化を目指すには、知るということがとても大切なのです。

酸性土壌の緑化の関連記事

進められている酸性土壌の緑化
酸性土壌の緑化をするにあたって
地球環境を守る酸性土壌の緑化
酸性土壌の緑化に効果のある方法

メニュー

産業廃棄物辞典HOME スクラバー スクラバー臭気 スクラバー集塵 スクラバー排ガス スクラバー排気ガス 酸性土壌の緑化 酸性土壌 地球環境 破砕機刃物 減容機

酸性土壌の緑化、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

酸性土壌の緑化、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ