産業廃棄物辞典 耐摩耗、破砕機刃物、減容機、RPFなどをご紹介

TOP > 酸性土壌の緑化 > 酸性土壌 > 酸性土壌の緑化に効果のある方法

酸性土壌の緑化に効果のある方法

一般的に植物はアルカリ性から弱酸性の土壌で育ちます。強い酸性の土壌では植物は生育できません。植物を育成するために酸性の土壌を中和しなければいけません。

酸性土壌の緑化の方法としてサンダーグリーン工法があります。これは植物の育成とサンダ―パウダーを助ける菌を含有したサンダーバイオを用います。両方を使う事もありますし、片方だけを使用する場合もあります。

サンダーパウダーは保水性、保肥性に優れた持続性のある中和剤です。また、サンダーバイオは微生物を含んでいる微生物資材です。酸性度所での植物の育成を助けます。

酸性土壌に植物をはやす為の酸性土壌の緑化

一般的に植物の多くは弱アルカリ性の土壌を好みます。つよい酸性の土壌には樹木や植物は生えません。日本は雨の降りやすいところである為、マグネシウムやカルシウムなどの栄養分が、雨によって土から流れてしまいます。その為に土壌が酸性に傾いてしまうのです。

酸性土壌の緑化には、植生マットやネット、シートなどを用います。あらかじめシートやマットに植物と肥料を埋め込んであるのです。これには酸性の土壌を中和する役目もあります。定期的に酸性度をチェックする事が必要です。また、シカやサル、二ホンカモシカなどによる食害にも注意が必要です。

酸性土壌の緑化問題について

水にアルカリ性、中性、酸性があるように、土壌にもアルカリ性や酸性があります。土壌が酸性化すると、植物が育つことが出来なくなります。ガーデニングなどをされる方は、土壌の緑化を行ってみると良いかもしれません。

酸性土壌の緑化を行う企業は年々増加しています。一般的に日本の土壌は酸性の土地が多いです。酸性が強すぎるせいで植物が育たない地域もあるようです。最近では緑化商品の開発も進み、敷くだけで緑化が出来るマットなども現れ、これまでよりも容易に実現出来るようになりました。土木の現場でも、法面の保護を図る工法などを取り入れ、環境を保全する動きもあるようです。

環境を良くする酸性土壌の緑化

一般的とされているのは、植物や木を育てるのにアルカリ性や弱酸性の成分が土壌に必要なことです。仮に酸性だけでできている土壌については、植物や木を育てることが不可能であることが言われています。

そこで酸性土壌がおこなわれていくわけですが、その方法についてはいくつかの方法があります。その一つとしてあげられるのが、サンダーグリーンの工法です。

この方法については酸性の成分を中和するサンダーパウダーなどを使用することで、酸性土壌の緑化方法がおこなわれていきます。土壌の状態をしっかりと確認したうえでおこなわれていく方法になります。

酸性土壌の緑化の関連記事

進められている酸性土壌の緑化
酸性土壌の緑化をするにあたって
地球環境を守る酸性土壌の緑化
酸性土壌の緑化の費用と労力

メニュー

産業廃棄物辞典HOME スクラバー スクラバー臭気 スクラバー集塵 スクラバー排ガス スクラバー排気ガス 酸性土壌の緑化 酸性土壌 地球環境 破砕機刃物 減容機

酸性土壌の緑化、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

酸性土壌の緑化、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ