産業廃棄物辞典 耐摩耗、破砕機刃物、減容機、RPFなどをご紹介

TOP > 酸性土壌の緑化 > 酸性土壌 > 地球環境を守る酸性土壌の緑化

地球環境を守る酸性土壌の緑化

日本で工業化が盛んな地域には酸性雨が多く降り、土壌も酸性化されて何も育たない土壌に変化してしまいます。このままこの酸性化された土壌を放置してしまいますと、生態系には悪影響となり、植物が育たなくなってしまいます。

その問題を解決できるのが、酸性土壌の緑化をおこなうことです。酸性化された土壌を改良し、植物を植えることで緑や生態系を取り戻すことができます。特に工場が多く酸性雨が多い地域を中心として取り組まれています。日本だけでなく他の国でもおこなわれています。時間を要することではありますが、元の状態に戻すには必要不可欠なことになります。

酸性土壌の緑化に挑戦する

世界中では、さまざまな環境の問題が発生しています。その問題に関して、解決をしようとさまざまな研究者や企業が取り組みを行っています。その一つが酸性土壌の緑化になります。

酸性土壌の緑化に関しては、土壌を改良することで、育てにくい環境を改善することができます。植物を地球規模の問題となりますので、個人で解決をおこなう事は非常にむずかしいことでしょう。

ボランティアなどで参加を募っている団体もあります。緑化をおこなうことで生態系や環境問題の進行にストップをかけることができますので、欠かせないことが言えます。

酸性土壌の緑化って個人的にもできるの?

酸性土壌の緑化はおおがかりな問題ではなく、あなたのお家にも大きく関わってくることになります。特に家でガーデニングをしているようなお家では土壌の性質がとても大切になってきます。果たして自分の家の土壌がどういった性質を持っているのかはっきりわかっていますか?そういったことがわかっていないと育つことができる植物も育っていくことができません。

団体や、会社でしたら大きな対策ができますが、個人的にだとそこまで大きな運動ができる訳ではありません。しかしそれでいいのです。そういったことに関心を持っているという事実が大切なのです。

酸性土壌の緑化のための対策

アルカリ性の土壌に向く植物と、酸性の土壌に向く植物は違います。根付きやすい植物や樹木はそれぞれ異なります。日本には酸性土壌が多いといわれています。

酸性になる原因で最も考えられるのは、雨が多い日本では、土の中に含まれるマグネシウムやカルシウムが洗い流されてしまうという事です。酸性の土壌に植物が育ちにくいという事は、植えてある樹木が老化しても、新しい木が生えてこないという事です。

酸性土壌の緑化では、酸性の土壌に向く植物や樹木を植える事が大事ですが、育てている植物や樹木が、シカやカモシカやサルなどの動物に食べられないように対策をとる事も重要です。

酸性土壌の緑化の関連記事

進められている酸性土壌の緑化
酸性土壌の緑化をするにあたって
酸性土壌の緑化に効果のある方法
酸性土壌の緑化の費用と労力

メニュー

産業廃棄物辞典HOME スクラバー スクラバー臭気 スクラバー集塵 スクラバー排ガス スクラバー排気ガス 酸性土壌の緑化 酸性土壌 地球環境 破砕機刃物 減容機

酸性土壌の緑化、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

酸性土壌の緑化、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ