産業廃棄物辞典 耐摩耗、破砕機刃物、減容機、RPFなどをご紹介

TOP > 酸性土壌の緑化をするにあたって

酸性土壌の緑化をするにあたって

土壌が酸性によりになってしまう理由を知っていますか?その土壌において含まれる成分である酸性が、ほかの成分であるアルカリ性よりも強いことがあげられます。土壌については、この2つによってバランスが成り立っていて、酸性土壌の緑化の取り組みにおいてもポイントになってくることです。

酸性の成分に偏る理由としては酸性雨などが原因で、改善には石灰アルカリなどを土壌の成分に増やしてあげることで改善ができるようになります。簡単に改善ができますので個人においても、家庭菜園やガーデニングなどでおこなうことが出来るでしょう。

酸性土壌の緑化の方法

日本は火山が多いので、土壌のカルシウム成分が不足してしまいます。また、雨が多いので、アルカリ性分が流れてしまいます。作物が育つ環境には、弱アルカリ性の土壌が適しています。

酸性土壌肥料といわれているものを使う事で、酸性土壌の緑化に効果があります。酸性土壌肥料は、アルカリ性をたくさん含んでいる物質からつくられています。

強い酸性土壌には、しっかりとした根を張る植物を植えるのはもちろんですが、土壌にシートのようなものをかぶせる事も効果があります。酸性土壌にシートを敷いてから植物を植える事で、雨水の浸食を抑える事が出来ます。

酸性土壌の緑化で土壌を良い状態にする

木や植物を育てていこうとするなか、大切な取り組みとしてあげられるのが土壌の性質になってきます。木や植物の大半は弱酸性である土壌に、生育されることがあげられます。この土の酸度を中和させることにより、成長においても大きく変わってくることがあげられるでしょう。

酸性土壌の緑化の取り組みについては、さまざまな方法がありますので、その土壌に適した方法でおこなうことがベストでしょう。

今後においても、この酸性土壌の緑化が進化していくことが予想されますので、さまざまな方法で土壌を改善することが可能になるでしょう。

酸性土壌の緑化を行いたい

酸性土壌の緑化の方法はさまざまですが、まず手軽なことから行うことが、続ける上でのポイントになるでしょう。そのうえで大切なのが植える植物のセレクトになります。

基本的なことを言いますと、一般的な植物は酸性の土での環境を好むことができません。そのことからはじめに土壌の酸性具合がどの程度なのか、確認することが必要とされてきます。

その具合によって対策の方法は代わり、植える植物についても変わります。できる限り土に根を張る植物を選んだ方が、しっかりとした成長を望むことができるでしょう。酸性土壌の緑化がしっかりと実現できるといいですね。

酸性土壌の緑化の関連記事

進められている酸性土壌の緑化
地球環境を守る酸性土壌の緑化
酸性土壌の緑化に効果のある方法
酸性土壌の緑化の費用と労力

メニュー

産業廃棄物辞典HOME スクラバー 臭気はスクラバー 酸性土壌の緑化 酸性土壌 地球環境 破砕機刃物 減容機

酸性土壌の緑化、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

酸性土壌の緑化、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ